高活性化NK細胞療法を始めとするがんの治療最前線

がん治療の方法

診察

池袋クリニックで行なえる治療

がんの治療を専門的に行なっている池袋クリニックでは、特に免疫細胞療法に力を入れています。免疫細胞療法は第四のがん治療法として近年注目を集めてきており、池袋クリニックを始めとして扱っているクリニックも多くなってきています。
この治療法によって改善する症例は様々であり、現在では肺がんを始めとして胃がん、腎臓がんにも対応できるようになってきています。症例に関して知りたいことがあるなら、直接問い合わせてみると良いでしょう。症例報告なら池袋クリニックのホームページの方が気軽に確認できるため、まずはインターネットでホームページを確認して見た方が良いです。

症例では、肺がんが進行しリンパ節に転移していた人であっても免疫療法である高活性化NK細胞療法を行なうことで、がんの大きさを小さくすることができた例もあるのです。
詳細に関してもっとよく知りたいなら、インターネット上で公開できる範囲にも限界があるので直接問い合わせてみましょう。
このように症例を確認してみると、免疫療法だけでなく高濃度ビタミンC点滴療法やプラセンタの注射を並行して行なっている人が多いことが分かります。

免疫療法とは何か

私達人間の体には免疫機能というものがありますが、これは異物が外から侵入してきたとしても身体の中の自浄作用をもって異物を排除したり、壊れてしまった細胞を元に戻すという作用です。
ウイルスや細菌が侵入する、もしくは怪我をすると私達の身体の中にあるリンパ球が集まり、身体を修復しようとします。がんは正常だった細胞が突然変異する作用のことを指しますが、リンパ球の動きを利用して免疫を強化すれば、異常な細胞だけを攻撃することができこれ以上がんが進行するのを防ぐことができるのです。

そして、免疫細胞療法とは、
「意図的に活性化した免疫細胞を体内に戻して、免疫機能を強化する」
という手続きを踏みます。
利用する免疫細胞は患者自身のものを使うため、拒否反応はほとんど起きません。しかも、化学療法なら正常な細胞までも攻撃してしまうのですが、免疫細胞療法の場合は悪性腫瘍のみを攻撃してくれるため、正常な細胞を守ることが可能になります。
このようなメリットがある療法であるため、手術や放射線治療といった代表的な治療法と併用することが多くなっています。

がんの三大治療

がんが発生したら取るべき治療法には三種類のものがあります。
・外科手術
・放射線治療
・化学療法
以上の三つがあるため、がん治療の三大療法ともいわれています。
手術は最も効果がある方法となっています。切除することによって組織そのものがなくなるからです。抗がん剤で攻撃する方法よりもすぐに切除できるというメリットがあるのですが、目に見えないほどの微細なものは見逃してしまうことがあります。免疫細胞療法で微細ながん細胞までも攻撃するため、転移を防ぐために有効なのです。
他の放射線と抗がん剤治療との併用によって、治療継続を可能にする効果があるため、この免疫細胞療法を含めて治療を検討する人も増えてきています。

サプリメントも活用されている

乳酸菌生産物質が身体の免疫作用に効果があるということが知られるようになってきていますが、池袋クリニックではサプリメントでのがん治療サポートも行なっています。
腸は人間の身体における免疫作用に重要な働きをもたらしていますが、この腸の免疫を高めるためにはキノコの多糖体が役立つといいます。サプリメントでのサポートは、この腸管まで多糖体であるβグルカンが届くように作られているため、免疫力が低下していた人もスムーズに身体の調子が整えられるのです。

進化するがん治療

がんの治療は外科手術が劇的な発達を遂げており、抗がん剤による治療もそれに比例して治療実績を伸ばしています。免疫細胞療法がさらに研究されることで、より副作用のない、傷を作ることのないがん治療ができる可能性が高まるため、今後も注目すべき分野といえます。